車の色変えを塗装によって行おうと思うと、その仕上がりのクオリティにもよりますが、1ヶ月以上の納期がかかるケースもあります。下処理を念入りに行い、さらに塗装、仕上げ磨きなどを行うためで、逆にあまりにも早い納期で対応をすることが出来るというのはどこかの行程を省いているクオリティの低い施行になる可能性がありますよね。

しかし、カーラッピングの場合には、車全体のカーラッピング加工を行うのでもだいたい1週間くらいの納期で行うことが可能になっています。パーツだけの施工をしたいという場合には、パーツにもよりますが1時間~5時間程度あれば施行が可能になってきます。

実際にカーラッピングを行っているという業者では、フロントグリルであれば1時間程度、ルーフパネルやボンネットなどであれば2時間程度で施工が終わってしまいます。大きなパーツに比べると実は細かいパーツの方がカーラッピングでは時間がかかってきます。

例えばフロントバンパーであれば3時間~5時間、ドアミラーであれば1時間~5時間程度かかるケースがありますが、色変え塗装に比べるとかなり短時間で済んでしまいます。